2011年05月20日

待ってるからね

最近全く登場していない猫のチビ
気にかけてコメント下さった方もいらっしゃって、いつ記事にしようかと思っていたのですが・・・

daisuki5-2.JPG

実は2月の初めに家出してしまったのですもうやだ〜(悲しい顔)




初めの頃は「おなかがすいたら帰ってくるだろう」「3日もしたら帰ってくる
だろう」「1週間もしたら・・・」と待っていたのですが、帰ってこないままついに
3ヶ月が過ぎてしまいました。

daisuki3-3.JPG

その間には雨の日も雪の日も風の日も、そして地震の日も。
雨に濡れてない?
寒さに震えてない?
地震は怖くなかった?
おなかはすいてない?
今どこにいるの?




ノラのお母さんから生まれて、ノラとして大きくなって、そしてうちの子に
なって・・・またノラに帰ってしまったのかな。

daisuki2-2.JPG




一緒に暮らしたのはたった半年。
でもとってもとっても楽しかったよ。

daisuki4-2.JPG




今どこかで幸せに暮らしてくれているならいいけれど・・・

daisuki1-2.JPG

もしつらくなったらいつでも帰っておいで。
ずっとずっと待ってるから。
ここはキミのお家だから。
いつまでも待ってるからね。
大好きだよ、チビ



rank-tori2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

今でも写真を見ると涙が出ます・・・帰っておいでよ〜〜顔(泣)

ニックネーム sara at 23:13| Comment(9) | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

毛玉

みんな元気にお正月を迎えられて安心したのも束の間、猫のチビの具合が悪くなってしまいました猫(泣)
元気はあるものの、ごはんをほんの少ししか食べなくなってしまったんです。

ねぇ、どうしてごはん食べないの?

kedama1-2.JPG

困ったねぇ顔(汗)

ネットで調べまくったところ、他には何も症状がないところから「毛玉症」の疑いが濃厚。
毛繕いで体をなめる時に飲み込んでしまった毛がおなかの中にたまって、ごはんが食べられなくなっているようなんです。




そこで早速「猫草」を購入。
これを食べて毛玉を吐き出せばスッキリするよ〜♪

ところが

kedama2-2.JPG

またかよぉ〜〜たらーっ(汗)




仕方がないので今度は薬を購入。

kedama3-2.JPG

水飴状で、黒糖のようなにおいがします。
喜んで舐めてくれる猫ちゃんも多いらしいのですが、説明書には
『気難しい猫に初めて与える場合は、少量を指にとって猫の口に入れるか、鼻の頭あるいは前肢の先に塗るなどして与えること。(一度味に慣れてしまえば後はスムーズに食べるようになる。)』 と。




「気難しい猫」
コイツのことだな・・・

kedama4-2.JPG




口の隙間から入れてやると、予想通り

kedama5-3.JPG

うわああああ薬が飛び散る〜〜どんっ(衝撃)




kedama6-2.JPG

こらぁ待ちなさーーーいちっ(怒った顔)




kedama7-2.JPG

隠れたって見えてるよむかっ(怒り)




家中逃げ回るのを追いかけまわして、規定量の1/3を舐めさせるのが
限界あせあせ(飛び散る汗)
そして

kedama8-2.JPG

私はすっかり嫌われました・・・(泣)




でも幸い薬がよく効いたようで、それから日に日に食欲が戻りつつあります。
これからはちゃんとブラッシングしないといけないね、チビちゃ・・・

kedama9-2.JPG

ブラッシングも大嫌いなのであるふらふら



rank-tori2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

本当に気難しいヤツたらーっ(汗)
ニックネーム sara at 18:15| Comment(5) | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

新入りさん

前々回で予告していました「新メンバー」。
思いっきり引っ張ってしまいましたが、いよいよご紹介させていただきたいと思います。
コメントに「爬虫類?」と書いて下さった方もいらっしゃいましたが、みなさんの予想はいかがでしょうか?


それは金魚の仲間?

siniri1-2.JPG

いえいえ。




じゃあ、インコの仲間?

siniri13-2.JPG

いえいえ。
こちらから「お迎え」した金魚やインコと違い、新入りさんは「向こうからやって来た」のです。




はい、じゃあご挨拶!

siniri3-2.JPG

まさかまさかのでございます猫(足)




それからね、上手にご挨拶できたけど、実は「はじめまして」じゃないんだよ。

siniri4-2.JPG

この子は、以前記事に載せたことのある、この子猫なんです。




我が家の裏の自然がいっぱいの公園にはいろんな野良猫ちゃんが住んでいて、時々庭の睡蓮鉢にお水を飲みに来たりしているのですが

siniri12-2.JPG

夏休みに入る少し前、庭の隅に足に怪我をしたこの子がうずくまっていたのです。
傷口にばい菌が入ったようで足先が倍以上に腫れ上がり、歩くのもままならない様子。
見るに見かねて病院に連れて行き、元気になるまで家においてあげようと思っていたら・・・




元気になってもお外に帰らなくなってしまったんです顔(汗)

siniri5-2.JPG



えへって・・・もう足は治ったんでしょう?

siniri6-2.JPG



じゃあ、お外のお家に戻ったら?

siniri7-3.JPG




しかし猫を迎え入れるにあたって問題点がいくつか。
まずは金魚

siniri8-2.JPG

でも金魚には全く関心がないようで、この点はなんなくクリアぴかぴか(新しい)


そして次は長男の猫アレルギー
この問題も、毎日の徹底的な掃除とマスク着用でなんとかクリアぴかぴか(新しい)


さて1番の問題はインコ

siniri9-2.JPG

元々とてもおとなしい性格の猫なので、何度か「ダメ」と教えたら手は出さないようになったのですが、やはり興味はある様子。




siniri10-3.JPG

私もそう思います・・・
でもチャレンジしたらダメですよあせあせ(飛び散る汗)

意外にもインコの方は猫を全く怖がっていないんですよね。
たぶん放鳥したら猫の頭にとまると思います・・・




でも幸いなことに猫は夜行性夜
インコとは活動時間帯が正反対なんです。

siniri11-2.JPG

大体午前10時〜午後4時はぐっすりおやすみタイム時計
二段ベッドの上がお気に入りの場所なので、ドアを閉めてひとりで出てこられないようにし、インコ達は今まで通りリビングで放鳥しています。


そんな訳で3ヶ月間なんとかやってこれたので、正式に新メンバーとしてご紹介する運びとなりました。
ちなみに名前は「チビ」。
まさか家族の一員になるとは思わず、テキトーに呼んでいたのでした。
こんなことならもっとかっこいい名前で呼んどいたらよかったなぁたらーっ(汗)

1歳3ヶ月の茶トラ猫「チビ」。
どうぞよろしくお願いします猫(笑)



rank-tori2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

もうこれ以上は増えませんからあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム sara at 23:45| Comment(8) | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする