2014年07月21日

近況(体重?)報告

子猫をお届けした後まずしたことは、散らかった部屋の片付けと

taijyu-9-2.jpg

うなの体重測定〜〜顔(イヒヒ)




夏バテだったこともあり、子猫が来る直前には4.8kgの体重が4.6kgまで減っていたのですが、
まさかの

taijyu-6-2.jpg

のーーーーー
顔(なに〜)




原因は、子猫の夜中の授乳の時にごはんを要求されるので仕方なく少しだけあげていたことと

taijyu-8-2.jpg

ごはんの種類と量をノートにつけていたのをサボって、テキトーになっていたからと思われます・・・




反省してキッチリノートにつけて管理して

taijyu-7-2.jpg

2週間経ったので




ちょっぴり期待して体重を量ってみると

taijyu-10-2.jpg

なぜーーーーー
どんっ(衝撃)




食べる量も減ったけど、暑くて運動量も減ったから?

taijyu-11-2.jpg

増えるのは簡単だけど減らすのはほんっとに難しいですねたらーっ(汗)




そして体重といえばベリーさん。

taijyu-3-2.jpg

手に乗るとずっしりくるので、こちらも増えたんじゃないかと量るのが怖かったのですが




なんとか48gキープ。

taijyu-1-2.jpg

子猫が来た日とお届けの日だけは放鳥できなかったけど、それ以外はいつも通りだったもんね。
よかった、よかった。




taijyu-2-2.jpg

レモンちゃんはベリーと違ってなかなかエサで釣られないから(汗)量れなかったんよ〜
でも、ベスト体重キープは間違いないでしょうGood




そしてピンポン

taijyu-4-2.jpg

子猫育児真っ最中の時に、なぜか血だらけに顔(え〜ん)




でも、忙しくても頑張って水換えしていたおかげか、すぐによくなってくれましたぴかぴか(新しい)
やっぱり水換えは大事だね〜〜

taijyu-5-2.jpg

そういうアンタも泳ぎまくって血だらけになるくらいなら転覆治してくんない!?


まぁ、こんな感じでみんなちょっとだけ問題を抱えつつも、なんとか元気に過ごしております。
夏もこれからが本番、みなさんもお体に気をつけてお元気にお過ごしくださいねリゾート



rank-tori2.gif


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

元気に夏を乗り切りましょう!

ニックネーム sara at 00:58| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

命のバトン

ごぶさたしております、1ヶ月ぶりの更新です。
長い間更新がないといえば・・・もしや?
と思っておられた方はこのブログの通ですね。
はい、大正解!

umaretate3.jpg

また子猫を保護しちゃってました〜〜〜どんっ(衝撃)




次男の彼女の家の近くに捨てられていた子猫。

umaretate1-2.jpg

ブログを読んで2年前の子猫の里親探しの件を知っていた彼女からのSOS・・・断れる訳ありませんたらーっ(汗)




とりあえず急いで連れて来てもらって、その間にミルクと哺乳瓶を買いに走ったのですが、帰って子猫を見てみると

umaretate2-2.jpg

へその緒ついてますや〜〜〜んどんっ(衝撃)




どうやら当日の朝か前日に生まれたらしく、手のひらサイズで猫というよりネズミのような小さな子。

umaretate4.jpg

初めての子猫はいきなり5匹だし、乳飲み子はいきなり生まれたてなんて、猫神さま
もうちょっと段階踏んでもらえませんか〜!?




体重わずか80g。
調べてみると未熟児ギリギリのようで、哺乳瓶ではとても無理。

umaretate5-2.jpg

うなの薬飲み用に病院からもらっていたシリンジでミルクを少しずつ飲ませます。




もちろん排泄も刺激してあげないとできません。

umaretate6-2.jpg

すべてが初めての経験。
ネットで調べて試行錯誤しながらの育児でした。




ミルクをうまく飲めない間は2時間おき、ある程度飲めるようになってからも3時間おきの授乳。
でも寝不足でふらふらになっても全然つらくありませんでした。

umaretate7-2.jpg

だってこんなにかわいいんですもの〜顔(メロメロ)
もう、乳飲み子の可愛さは反則ですハートたち(複数ハート)




「名前を付けると情が移るから」とあえて名前を付けなかったのですが、そんなこと関係なしに情移りまくり(笑)
これで目が開いてしまったらもう手放せなくなると思い、早速里親さんを探すことに。

umaretate9.jpg

幸い、赤ちゃん猫を育てた経験のある方からぜひにとお話をいただきました。




里親さまにお届けする日、子猫を見つけた彼女が会いに来てくれました。

umaretate8-2.jpg

あなたのおかげで救われた小さな小さな命。
見つけてくれてありがとう。
連絡してくれてありがとう。




無事里親さまにお届けした帰り道、車を運転しながら、
も、号泣顔(泣)
でも、彼女から里親さまへ、命のバトンを繋ぐことができて本当によかった。

umaretate10-2.jpg

 上 里親さまから写真が送られてきました。
ミルクを哺乳瓶から飲めるようになったそうです黒ハート
このまますくすく大きくな〜れかわいい



rank-tori2.gif


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

大変だったけど、いい経験ができました^^
ニックネーム sara at 11:50| Comment(11) | TrackBack(0) | 保護子猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする